« ブラジル戦 | Main | カボチャのちぎりパン »

2006.06.24

藤田嗣治展

前夜は食事に出かけて帰ってからゴソゴソしていたらすっかり日付も変わり、ブラジル戦でまた4時前に起きたのでその後は睡眠を取る予定だったんだけど・・・
なんだか妙に元気で眠くなかったので、休みを取って観に行きたいと思っていた京都国立近代美術館でやっている「藤田嗣治展」にそのまま出かけてみました。(結局、出勤するのと大して変わらない時間に家を出ているし:爆)
藤田嗣治というと、なんともいえない透明感のある裸婦像がやっぱりすぐに思い浮びますよね。でも、生涯を通じて作風も結構変化していて、南米を旅した時の作品なんてすごく色鮮やかでダイナミックだったな。それから猫好きでも有名で、作品に猫がよくでてくるしね。他にも服を着た動物達の可愛らしい作品や、晩年に好んで描いた子供をモチーフにしたアニメっぽいもの、宗教画もたくさんあって素敵でした。

昼前にはオヤツと押寿司をお土産に帰宅、それからぼーっと読書したり・・・で気がつけば11時までしっかり昼寝もせず起きていたな~。なんでしょ、この元気さは?!

|

« ブラジル戦 | Main | カボチャのちぎりパン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80532/10656840

Listed below are links to weblogs that reference 藤田嗣治展:

« ブラジル戦 | Main | カボチャのちぎりパン »